決算書分析

御社の決算書は銀行のためだけのものになっていませんか?
当事務所では、お客様の経営に役立つ決算書づくりを心がけています。
決算に至るまでの一年間の流れを決算サイクルと称して、5つの提案書に区分し最新の方式で分析・評価・診断を行います。
その結果をまとめてわかりやすいグラフと文章を中心にまとめ、経営者にとって経営に役立つ決算書をお届けします。

1.決算診断提案書

毎年の決算時に、企業経営の状態を正確に把握し、現状の課題は何か?課題解決はどうすればよいか?その解決のヒントと目標設定をどのようにしたらよいか?等、その年の決算結果をさまざまな角度から分析・評価してご提案します。

2.マネージメントパワー提案書

会社の経営資源であるヒト・モノ・カネ・情報を有効的に活用して成果を上げていくのは社長の腕次第です。その腕を磨いていくにはコツがあります。
それは、中小企業の経営者として、保有すべき経営力を常に見直していくことです。
経営力の8要素(社長自身、顧客、商品、人材、成長性、財務、危機管理、経営管理)について、自己評価により現状の強み・弱みの把握と改善すべき課題をご提案します。

3.事業計画提案書

企業が成長するためには、明確な目標設定と、目標を確実に達成するための綿密な事業計画が必要です。当事務所では、社長が事業計画書をまとめるのをお手伝いし、形にまとめていきます。

4.期中決算提案書

期中決算により、目標と実績のチェックをおこない、目標必達のための方策をご提案します。

5.決算事前提案書

決算月を迎える前に、予想決算診断を行います。予想納税額の算出はもちろん、有効な節税策や、赤字対策もご提案させていただきます。

ページの先頭へ戻る