金融機関とのつきあい方

あくまでも一般的なお話ですが。

融資基準
  • 1)経営者の人間性(誠実で約束を守る人物か)
  • 2)事業の社会性と将来性
  • 3)事業の計画性と資金使途の明瞭性
    お金の使い道がわかっていないと、お金の返済方法もわかっていない
  • 4)今までの取引実績と信頼関係
    預金、公共料金等の支払、過去の借入が滞りなく返済されているか
  • 5)債権の保全性(保証・担保)
  • 6)事業予算に占める自己資金の割合
  • 7)銀行の収益性

銀行の違い

1)都市銀行(取引先が県外にもあるなら)

  • ・情報の幅広いネットワーク・支店網がある
  • ・資金力がある
  • ・海外取引に強い

2)地方銀行(県内なら)

  • ・地域の有力事業・有力者との結びつきが強い
  • ・地元中小企業との取引に熱心
  • ・資金力・情報力は都銀に比べると劣る

3)信用金庫・信用組合(市内なら)

  • ・地域と密着した営業
  • ・少額の融資には素早い対応
  • ・資金力・情報力は最も劣る
  • ・都銀に比べ親切

公的金融機関のメリット

  • ・民間金融機関に比べ融資審査が緩やか
  • ・借入金の返済期間が概ね3~7年と長い
  • ・融資を受けてから最初の6ヶ月~1年間、元金を据え置いてくれる制度がある
  • ・金利が固定なので、金利リスクが無い
  • ・無担保・無保証人の融資制度もある
ページの先頭へ戻る