資金繰りとは

利益と資金の関係についてい

「損益と収支の違い」と「勘定合って銭足らずのカラクリ」をつかみましょう。
儲け(利益)が現金になっているとは限りません。現金が姿を変えています。

簡単な事例
飲み屋さんを営んでいます。
先月のツケは2万円でした。
今月の売上は10万円でした。
その内ツケは5万円でした。(残りは現金)
ツケは翌月に支払われるものとして、今月いくらお金がありますか?

答え7万円

損益計算書上では売上は10万円です。
差の3万円は貸借対照表に資産(売掛金)として上がってきます。

実際には、その7万円の中から仕入れと人件費にお金を使います。
売上げだけを見ていて、今の手持ち現金がいくらあるかを見ていないと仕入れ等の支払いができなくなります。
このやりくりをするのを資金繰りと言います。

ページの先頭へ戻る